スポンサーサイト

カテゴリー : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Maxi Freeride Wonck 2009

カテゴリー : エクストリームエンデューロ

いわゆるフリーライドイベント。ベルギーですね。スメッツ先生もいます。
スポンサーサイト

WECフランスGP St Flour

カテゴリー : WEC

壮観なスーパーテスト。決して明るくは無い照明。スタート順はE2、E3、EJ、E1だったと思います。進行は予定通りには行かず、E1になるとすっかり真っ暗だったようで、アオラはそれはリスキーだったと述べています。コーナー組みの3連ログが大変難しく、ナイトは非常に器用に正確な精度で1本目から飛び、狙ったところにフロントを落としています。リアの位置も狙った場所。ピンポイントです。たとえ乗せても、リアを滑らせる人は多いです。ここでのロスは数秒の差を生みます。今回のナムボータンは神がかり的で完璧に切れてます。メオは危ないですねぇ。

日は変わって、エンデューロテストです。ルートを南進して戻ってくる途中、山中を抜けるエンデューロテストがあります。映像はもう街中に近いようで、出口っぽいです。そして、傾斜地のグラスのクロステスト。平坦ではなくて、かなりのステップ段差、泥沼があります。エクストリームはミニグレンへレン。発射台恐いよね。

ビデオはジェフ・ゴブレ(BEL/BMW)が多く捉えられています。そして、TC前サービスの様子では、ファクトリーBMWの設計変更の証拠を確かめることができます。同軸ではない。

フランスのスペクタキュラーポイント。フカフカのグズグズで、岩が埋まってて、どうすんのこれ。

アメリカトロフィーチームのワイガント

カテゴリー : WEC

ネイザン・ウッズの代役として急遽決まったティミー・ワイガントは、E1クラスを担当します。彼も資金調達のための走行会を行いました。JCRのチームメイトやカート・キャッセリも顔を出しました。

未経験のハフマンとワイガントを加えた今年のアメリカチーム。不安な要素もありますが、こと乾燥のスピードに関しては優れていると見られます。フランス、イタリア、フィンランドに不安がある中、もしかしたら?

www.isde.tvでは、また今年もDAYレポートのビデオがアップされるでしょう。

WECフランスGP クロステスト

カテゴリー : WEC

ナムボータン速かった。

WECフランスGP エンデューロテスト

カテゴリー : WEC

タイトなアップダウン。コーナー手前のギャップはスロットルを戻したくなります。特にE1の2人は、それが最も少なく、最も速く、その先のコーナーで凄い速度で行きます。また、アオラが伝えるようにキャンバーの部分があります。

ネイザン・ケニーにとって最大の怪我

カテゴリー : GNCC
gnccracing.com
theresaortolani.com 「ENDURANCE」 (GNCC写真集)

それは2004年のポーランド6DAYSでした。彼は大きなクラッシュをしましたが、すぐにはレースから退きませんでした。さらに走り続けました。病院に連れて行かれるまで、その怪我の実際の重さには気が付きませんでした。脾臓破裂。もし、もそのままレースを走り続けていれば、死に至っていただろうと医師に言われました。

激しい痛みはありましたが、外見的に出血が無かったのでそのまま走りました。内部に損傷を抱えていても、それに気が付きませんでした。彼はチームのことを考え、撤退することを善しとはしませんでした。痛みを克服して走り続けたかった。その日を終えて、夜休み、次の日も走ろうと思いました。次の日に80-90マイル走ったところで、ついに痛みに耐えかねて医療スタッフのところに行き、そのまま病院に運ばれました。下手したら死んでいたかもしれません。非常に恐い話です。

QF37

カテゴリー : GNCC

タイトルへと進むウィブリー

カテゴリー : GNCC
racerxonline.com

ポール・ウィブリー(KAW)は、GNCC再開のユナディラにおいて優勝。ライバルのスズキボーイズたちがそれぞれ4位と5位に終わったことにより、ポイントリードを27点に伸ばしてランキングトップをひた走っています。

WORLD XTREME ENDURO CHAMPIONSHIP

カテゴリー : エクストリームエンデューロ
enduronews.com

これは構想として誰もが夢見ていたことかもしれません。2010年度に有名なイベントを連ねて、エクストリームエンデューロの世界選手権を定めようというものです。最近、ミュンヘンにおいてエクストリームエンデューロ関係の5つの主催者が集いました。これにより、5つのイベントを連ねてポイントを付与し、タイトルを決定するということが定められました。FIMの承認や認可は、まだ無いものと見られます。

開幕戦は1月のタフワン(イギリス)。2月のヘルズゲート(イタリア)。6月のエルツベルク(オーストリア)。8月のルーマニアクス(ルーマニア)。11月のルーフオブアフリカ(南アフリカ)。

選手権の詳細については、しばらくの後、www.wxec.infoが開設されて明らかになるでしょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。